暗い夜道でも、ちょっと明かりがほしい時でも。 ThruNite Archer 1A V3

ThruNite (スルーナイト) という中国、深センのフラッシュライトメーカーがある。2009年に設立され、手ごろな価格で品質の高いフラッシュライトを作っているメーカーだ。僕が買ったのはコンパクトで明るいThruNite Archer 1A V3 (スルーナイト・アーチャー) というモデル。

Contents

単三乾電池1本でも十分な明るさ

Archer 1A V3は単三乾電池1本でも満足な明かりを得られ、コンパクトなライトなのでちょっと明かりがほしいとき、手元や足元を照らしたいときなどいろいろな場面に対応できる。電池1本という手軽さが一番嬉しいポイントだよね。

eneloopなどの充電池も使えるけど電圧の関係で少し明るさが落ちてしまう。

モードの切り替えと明るさ

上部の柔らかなボタンをクリックしてON・OFF。側面にあるシルバーのボタンで明るさの調整ができる。

-Firefly: 0.1lumen(17days);
-Low: 17lumen(22hours);
-Medium: 75lumen(5hours)
-High: 200lumen(115minutes);
-Strobe: 200lumen(3.5hours).

ThruNite Archer 1A V3

シルバーのボタンを押すごとにFirefly、Low、Medium、Highと切り替わり、シルバーのボタンを長押しするとStrobeモードに変わる。Strobeモードは素早く点滅するモードだけどあまり使ったことはない。

普段はLowモードで十分で、街灯のない暗い道を歩く時もMediumモードで十分周りを照らせる。

耐久性の高いアルミボディと防水性能

本体はアルミでできていて程よい重さを感じる。IPX8の防水性能もあり、雨に濡れても落としたとしても安心できる性能。スペアのボタンとOリングも付いている。

パッケージがクラフトな感じでオシャレだよね。

いつでもバッグに入れておけば暗闇も安心

ちょっとバッグに忍ばせておく、上着のポケットに入れておく。手軽に放り込めるコンパクトさと信頼できる明るさ。EDCライトとしてぴったりなアイテムだ。

これさえあれば冬の夜道も犬の散歩も安心できるね。

Ledlenser P5 (レッドレンザー)も単三電池1本使用の小型フラッシュライトで、デザインも美しいので気になってる。

ThruNite

Contents
閉じる