Teva HURRICANE XLT 2。暖かくなった足元に定番スポーツサンダルを

暖かくなってくると開放的な服装をしたくなる。足元だってそうだ。サンダル、そうサンダルだよね。サンダルを履くと体も心もラフになれる。軽やかでさわやかで、夏の日の少年のように童心に返ることができる。

だけどビーチサンダルは足をしっかり固定できないし引っ掛けたら脱げそうだし、足元に少し不安が残る。そういうわけでスポーツサンダルを購入しようと考えた。CHACO、SHAKA、各社から発売されているスポーツサンダルの中から選んだのはTeva (テバ) のHURRICANE (ハリケーン) XLT 2。定番のスポーツサンダルでカラーも豊富。はき心地も抜群でとても満足できるものだ。

いくらカラーが豊富でも僕は結局黒を選んでしまうんだけどね。

Contents

Tevaのサンダルが生まれるまで

Tevaのサンダルは1984年に誕生した。水辺での安全性と機能性を考え、ビーチサンダルに足首を固定するストラップをつけたことが始まりだそうだ。このストラップのおかげで脱げることなく、走れるほどのフィット感を持つサンダルを実現している。

HURRICANE XLT 2のかかと、甲、つま先の3点で足をホールドするストラップはユニバーサルストラップシステムと呼ばれ、特許も取っている。それだけ画期的な製品を生み出したってことだね。

3点のマジックテープでしっかりフィット

HURRICANE XLT 2の特徴的な外見、ユニバーサルストラップシステムはかかと、甲、つま先部分についているマジックテープでフィット感を柔軟に調整できる。サンダルなのにしっかり足と一体になり、包み込むような履き心地だ。足長約25.0、足囲約24.5の僕はUS7の25cmを購入。ジャストな感じで履けている。

かかとの部分はクッションになっているのも嬉しいところ、ここはよくこすれて皮がむけてしまうんだよね。

マジックテープで調整するから窮屈に感じたときはすぐに緩められるのもいい。フットベッドが大きいのである程度つま先も保護してくれるし、川辺のレジャーも安心だよ。

街にもアウトドアにも馴染むデザインと機能性

水に足をつけるって、気持ちいいよね。

街でもアウトドアでも映える見た目だから暑くて溶けそうな時期でも外へ出たいと思わせてくれる。それは見た目の良さだけでなく、走れるほどにしっかりフィットする履き心地があってこそ。サンダルだから雨が降ったって安心だ。

暖かい時期の足のお供にTevaのサンダル。おすすめだよ。

Teva

Contents
閉じる