自分の匂い探しの旅 LUSH BREATH OF GOD

匂いが好きだ。いい匂いをかぐと心が癒される。春の朝の匂い、夏の夕方の匂い、秋の寒さと暖かさが混じり合った匂い、冬の冷気の匂い。雨上がりの匂い……匂いは感情を揺さぶり記憶を呼び覚ましてくれる。楽しかったことも悲しかったことも。

人の匂いも好きだ。もちろんいい匂いのことだけどね。男性でも女性でも、すれ違うときに密やかに薫る人がいる。香水なのかシャンプーなのか、なにかのクリームなのかはわからないけど。僕もそんな自分の匂いがほしいと思い、ずっと探している最中だ。

Contents

LUSH BREATH OF GOD

フレグランスと言えばLUSH (ラッシュ) 。イギリスに本社があり、化粧水、シャンプー、ボディーソープ、香水など、多様な製品を展開している。日本全国とまではいかないけど、複数の県にショップがあり、あの独特なお店の匂いは近付いただけで「LUSHがあるな」と分かってしまうほど。どぎつい色彩の石鹸が有名だよね。

選んだのはBREATH OF GOD (ブレスオブゴッド) というソリッドパフューム (練り香水)。ショップでいろいろ試し、いちばん気に入ったのがこの香りだ。練り香水タイプはガラスの容器に入っていて、ミニマムでとても可愛らしいし持ち運びにも便利。

LUSHの香水のパッケージは数年前にリニューアルされたんだけど、リニューアル前はそれぞれの匂いにイメージイラストが描いてあってとてもおしゃれだったんだよね。

どことなく夏を連想させる神秘的な匂い

レモン、シダーウッド、ローズ、ベチベー、ネロリ、サンダルウッドの香料が使われている。こうやって使われている香料を羅列してもどれがどんな匂いなのかはまったく分からないんだけどね。

スパイシーで清涼感があり、柔らかさとスモーキーさが混じり合ったような、けっこう複雑な匂いだ。直接嗅ぐのと肌につけてからでは匂いの印象がだいぶ変わる。

太陽の照りつけとセミの声が激しいうだるような夏の日、日中の暑さも少し和らいだ夕暮れ間近、涼しい風が肌をかすめたその瞬間、この匂いが薫ってきたら素敵だろうな、というようなイメージ。それか怪しげなアジア系雑貨の店内の匂い。

男性がつけても女性がつけても違和感がない匂いだと思う。夏を連想するようなこの複雑な匂い、LUSHに行く機会があったら一度手に取ってみてほしい。

練り香水じゃない通常タイプの香水もあるよ。

LUSH

Contents
閉じる