auからahamoへ。月々の料金をぐっと抑えて

携帯料金高すぎない?

今月も高いなあと思いながら月々7000円台の料金を支払う生活を終わりにした。今までも何度かMVNOにキャリア変更しようと思っていたんだけど、通信品質のことを考えてしまい二の足を踏んでいた。

だけど大手キャリアの通信品質とMVNOの料金を合わせた理想的なプランがあったんだ。

Contents

品質と価格、ともに備えた「ahamo」

ahamoはdocomoの料金プランのひとつ。既存のdocomo料金プランと通信品質に違いがないにもかかわらず、料金は格安という理想的なプランだ。

今まではauのピタットプランを契約していて、月に7000円台の料金を払っていた。それがahamoだと月2970円の支払いで済む。月の容量20GB、5分以内の通話無料までついてこの値段だ。

  • 現在のキャリアでMNP予約番号の取得
  • ahamo申し込み時にMNP予約番号を入力
  • SIMカードが到着したらahamoサイトから開通手続き
  • 新しいSIMカードを挿し、乗り換え完了

たったこれだけのステップで簡単に電話番号を保ったままキャリアを変更できる。料金もぐっと抑えてね。

ahamoを選んだ理由

docomoからはahamo、auからはpovo、softbankからはLINEMOと格安プランがでているけど、僕はahamoを選んだ。3大キャリアのうち、どこよりも早く格安プランを発表したのがdocomoだったからだ。

やっぱりその心意気は買いたい。

デメリットもあるけど、メリットのほうが大きい

今のところキャリアメールやキャリア決済など使えなくなるサービスもあるけど、 僕は使っていなかったので特に困っていない。

キャリアのメールアドレスを使わなくなったのはいつからだろうと考えるほど、今はGmail等で十分な時代だ。キャリア決済もクレジットカードやQRコード決済があれば問題ないしね。

浮いたお金でNetflixなんかを契約するのもいいし、貯金に回すのもいい。

それよりなにより、ahamoのロゴってニコニコしてて可愛いよね?

Contents
閉じる