世界初、シコニンを配合したタブレット型歯磨き粉 C520。旅にもアウトドアにも、時間がないときにも

C520 (シーゴーニーゼロ) というタブレット型の歯磨き粉がある。クラウドファンディングで先行販売されていたけど、2020年4月10日に一般販売も開始された。会社や外出先、レジャーなど、歯ブラシを持っていない状況でも口の中のケアができるアイテムというのに興味をひかれたので購入してみた。

歯垢や食べカスなどは歯ブラシを使わないと取れないけれど、口臭対策や、少し口の中が気持ち悪いと思ったときに手軽に使えるのは嬉しいね。

Contents

シコニン配合、タブレット型の歯磨き粉

c520はシコニンを配合した世界初の歯磨き粉だ。そんなことを言っても多くの人は「シコニンってなに?」ってなるよね。もちろん僕もそうだ。

シコニン

虫歯菌、口内炎、口腔内の傷、歯肉の引き締めに効果的な、オリジナル原料のWAKI(シコニン)を配合しています。古来より日本を含む東アジアで栽培されてきた「紫根(しこん)」は染料あるいは生薬として重用されていました。この紫根の主成分がシコニンで、ファルマクリエ神戸社独自の特許技術でシコニン溶液を開発しました。シコニンは、創傷治癒、抗アレルギー作用、抗炎症作用などの効果が確認されています。

C520<シーゴーニーゼロ> 天然由来の成分である「シコニン」を分散化した「WAKI」を世界で初めて使用した歯磨き粉です。

ということらしく、歯磨き粉にピッタリな効果を持つようだ。

噛み砕くだけ。歯ブラシなしでも使える手軽さ

タブレットを1つ噛み砕いて口の中に馴染ませ、少ししてから口をすすぐ。口をすすぐことで噛み砕いたタブレットが歯を研磨して汚れを落としてくれるようだ。これだけでけっこうスッキリできる。よくあるミントタブレットのような味で、柔らかいので噛んでいると綺麗に溶けてくれる。つぶが残らず不快感がなくていいね。

もちろん普通の歯磨き粉のように口の中で溶かしたあと歯ブラシで磨いてもいい。漏れる心配がないタブレット型なので旅行に持っていく歯ブラシセットのお供としてもいい感じ。

いつでもどこでも口の中のケアを

口をすすぐ水があるなら外食をして店を出る前などにサッと口の中をリフレッシュできるし、クールなパッケージなのでつい取り出して使いたくなっちゃうよね。

見た目も味も市販のミントタブレット。まぁフリスク。なので間違って食べてしまわないように注意だけはしないとね。

C520<シーゴーニーゼロ>

Contents
閉じる