BOSE QuietComfort 35IIのイヤークッションを交換。他社製でもわりといい感じ。

僕は家にいるときはBOSEのQuietComfort 35IIをとりあえず耳に装着し、音楽や動画を楽しんだり、ノイズキャンセリングで生活ノイズを消したり、なくてはならないレベルで愛用している。

毎日毎日そうやって耳に装着していると、ヘッドホンのイヤークッションの劣化も早い。「形は崩れてるし、さすがにもうダメだよね」と思うほどボロボロになってしまったけど、BOSE純正の交換用イヤークッションはとても高い。

もちろん純正が良いのはわかっているけど、すぐに劣化してしまう消耗品にお金はあまりかけたくない。そこで他社製の互換品を買ってみた。

純正の半額くらいで手に入る互換品だ。

Contents

日本語の説明書も付いていて、必要なものが一通り

付属品はしっかりしていると感じた。

  • イヤークッションが左右
  • スクリーンマットが左右
  • 英語と日本語の説明書
  • ヘラ

イヤークッションもスクリーンマットも純正のものに比べると薄い感じ。それでも交換に使う一通りのものが付属しているので親切だよね。説明書には交換の手順が丁寧に書いてある。

取り付けは簡単、見た目は純正品

クッションもスクリーンマットもボロボロになってしまっている。これを取り外し、購入したものを取り付けていく。

スクリーンマットを両面テープで貼り付け、次にイヤークッションを本体のツメにパチっとはめ込んでいく。ツメは10か所くらいあるので外したときに確認しておくといいね。

ざっと見た感じ、他社製のものだと分からないほどの一体感。これなかなか良いんじゃない?

装着感は少し硬い。当然かもしれないけどクッションの柔らかさや装着感は純正品のほうがクオリティが高いね。互換品はなんというか少しスカスカな感じ。

復活したBOSE QC35II

純正品の半額で手に入る互換品だけど使用には問題ない。半額でこれだったら次にまたボロボロになったとしても互換品でいいかなーという感じ。もちろん純正品を買いたい気持ちはあるけどね。

それかこの値段を出すんだったらそもそもの耐久性や品質などをもっと向上してほしい。けっこうすぐボロボロになったし。

というわけでBOSEさん、リペアパーツのイヤークッションの値段、もう少しなんとかならないでしょうか。

Contents
閉じる